大前研一オフィシャル情報誌 大前研一通信 / 大前研一著作本紹介やメールマガジン配信も行う広報サイト
2016年8月号 VOL.263 特集1:日本の選択(憲法・政治編) 特集2:ニュースで学べない日本経済 Part.Ⅲ 購読申込み受付中!
大前研一通信
 フリーダイアル 0120-146086 メールでのお問い合わせはこちらからmail
〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア
キャンペーン
大前通信申し込み
大前通信ご案内 e-book
バックナンバー
メールマガジン
新刊・既刊の紹介 大前研一著作
バインダー販売
大前研一通信テーマ別バックナンバー販売
お問い合わせ

AirCampus

AirCampus マニュアル・ムービー

株式会社ビジネス・ブレークスルー



Newsstandで購読する ↑スマホでも気軽に注目記事の関連動画がみれる!! VOL.248(「低欲望社会(教育・ビジネス編)特集号」が、  Kindle の<新商品情報:マスメディア部門>で1位獲得!

最終更新日:2016年8月1日

2016年8月号 VOL.263 特集1:日本の選択(憲法・政治編) 特集2:ニュースで学べない日本経済 Part.Ⅲ

大前研一が発信する月刊情報誌「大前研一通信」では、混沌とする政治・経済・社会問題に鋭いメスをいれ、独自の情報源と切り口をもとにマスコミからはまだ知らされていない真実を示します。

  • ・世界を席巻するポピュリストは旋風はどこまで広がるか?
  • 【大前関連発言】・東京都の知事職は要らない?
  • ・安倍首相の政治決断を解くカギは「東京五輪と憲法改正」 他

大前通信 最新3か月分の試し読みはこちらから ▼

*最新号のちら見サンプルは、毎月5日以降からご覧になれます。


今月の主なトピックス

最新掲載記事の試し読みもできる

数量限定!お試しプログラム
楽天BOOKS ビジネスパーソン必読!大前研一特集
大前研一通信ebook

ブロードバンド環境(必須)

WindowsのInternet Explorerでご覧ください。ただし、
Macintosh及び一部のWindowsXPマシンではうまく動作いたしませんのでご了承ください。

   
 

■大前研一関連著作のご案内

 
  君は憲法第8章を読んだか
  大前研一著 8月4日発売予定
大前研一著 小学館 1,620円(税込) 

内容紹介


自民党憲法草案ならますます日本は衰退する

衆参両院で「改憲勢力3分の2以上」が現実となった今、安倍自民党政権は、憲法改正に向けて一歩一歩「前へ」と突き進んでいる。

今の改憲論議では、戦争の放棄を謳う「第9条」や、災害・テロ対策のための「緊急事態条項」などが俎上に載せられている。しかし、それらの議論は、 いわば安倍政権と"同じ土俵"で戦おうとすることであり、最後は"力比べ"となってしまう。そうではなく、首相の改憲提案を逆手にとって、憲法で規定 された統治機構を改めることこそ「一強」体制を断ち切る効果的な攻め手となる――この全く新しい改憲論のカギとなるのが憲法第8章だ。

同章は「地方自治」を謳いながら、結局は中央政府がすべての権限を握り、中央の意向に従う者だけに目こぼしする歪な政治の論拠となっている。しかも、自民党の憲法改正草案はそれをさらに強化するものであり、ますます日本を衰退させてしまうと著者は警鐘を鳴らす。

繁栄の単位としての道州制の導入、生活圏としてのコミュニティの構築など、地方の「自立」を促す憲法を作れ――。「平成維新」の提唱者・大前研一氏 が、旧態依然とした「安倍一強」中央集権体制に引導を渡す、初めての本格的改憲論。
君は憲法第8章を読んだか
 「0から1」の発想術  
  大前研一著 4月6日発売
大前研一著 小学館 1,512円(税込) 

内容紹介


これが「無」から「有」を生み出す思考法だ
【15の発想法】を身につければ、新しいビジネスアイデアが次々に湧いてくる!
大前研一氏が、イノベーションを生み出すための発想法を公開する。
ビジネス・ブレークスルー大学大学院で必修の「イノベーション講座」を待望の書籍化!
●SDF(戦略的自由度)
●Fast-Forward(早送りの発想)
●Idle Economy(アイドルエコノミー)
●Interpolation(中間地点の発想)
・・・・・・15の発想法により、新たな商品やサービスを生み出すことができるビジネスパーソンへと飛躍せよ--。
【編集担当からのおすすめ情報】
<近年、「国家」や「企業」の枠組みを越えた「個人」のアイデアと実行力ひとつで新しい商品やサービスが生まれ、社会が大きく変わるようになった。 今年もその傾向がより加速することになるだろう。ビジネスマン個々人が、商品開発でもエンジニアリングでも、あるいは営業でも、新たなビジネスを切り拓く能力が必要になる。無から有を生み出すことを「ゼロイチ」「ゼロワン」と呼ぶが、いま「0から1」を生み出すためのビジネス環境が激変していることを、まず知らねばならない。意欲と能力のあるビジネスマンにとっては大きなチャンスが到来しているとも言える>
大前研一氏は、そう語っています。 本書で「0→1」の力を身に付けていただきたいと思います。
「0から1」の発想術-大前-研一
  世界への扉を開く“考える人"の育て方-国際バカロレア(IB)教育が与えるインパクト  
  (大前研一通信特別版 Part.Ⅸ)

   大前研一他(著) 3月18日発売
大前研一著  ビジネス・ブレークスルー出版 1,404円(税込) 

内容紹介


教育改革が叫ばれて久しい。「今の世の中には、答えのないことの方が多い。
環境問題にしても、人とのつきあい方といったことにしても、答えはない。
昔の日本は、知識が答えだった時代があった。たいていのことは欧米に範をとればよかったから、それらの国がどうやってきたかについての知識があればよかったのだ。
しかし、今は九割のことに答えがない。しかも答えのある一割のことは、コンピュータがやってしまう。ところが今の学校では、あたかもすべてのことに答えがあるような教え方をしている。こういう時代に対応していくためには、教え方だって変わらなければならない。
小学校の授業は、答えのない問題を扱い、今わかっていることや自分の知識から、自分の考えを構築し、それを他の人にわかりやすく表現することを教えていくべきなのだ。 答えのない問題をみんなで話し合う。そのようなとき、コミュニケーションがいかに大切かが分ってくる。コミュニケーションがうまくいって解決に至るときと、うまくいかなくて問題がこじれてしまうときがあることを学ぶ。」 (「新・大前研一レポート 」1993/11/18 講談社)

皆さんは、既に4半世紀前にかかろうとする、今から23年前に語られた大前研一のメッセージをどのように受け止められるでしょうか?
この書籍の元になっている月刊情報誌:大前研一通信では、グローバルな視点で、日本のみならず、世界の政治・経済などの様々な問題を洞察、分析したメッセージを紹介してきました。
書籍の第1章の前半では、日本の教育に対し、<「地球社会に貢献できる人材の育成」、「日本人の思考特性」、「教育制度」、「以前よりものを考えなくなった日本の知の衰退の現状への警鐘」>などの側面から、大前通信で過去の記事を紹介するコーナーである「思い出の論文」でも紹介した1980年代後半からのメッセージのごく一部をあえてご紹介させて頂き、 後半には、現在、世界で起こっている変革を俯瞰し、なぜ日本からイノベーションが生まれなくなってきたのかを洞察、それを打開するには、今後、日本の教育を「教える」から「考える」ものに変革し、武器としての頭脳を磨く必要性を説くなど、2000年代から現在に至るまでの大前研一のメッセージをご紹介しています。
第2章から第4章にかけては、政府がグローバル人材の育成に有効な手段であるという声明を2013年6月に発表し、文科省もその導入校の拡大を推進、この本のテーマでもある「“考える人"の育て方」として、またグローバル人材育成の有力な「解」として、なぜ政府が、国際バカロレア(IB)の教育プログラムを導入・推進する閣議決定に至ったかの経緯も含め、IB教育を導入する事が今後の日本の教育改革に必要なことだと決断し、IB教育で学ぶ学生に対して一早く大学入試の門戸を開放した国立大学や、中・高へのIBプログラムの採用に踏み切った公立の中高一貫校など、文科省を始めとした学校関係者の方々のメッセージをご紹介しています。
世界への扉を開く“考える人-の育て方-国際バカロレア-IB-教育が与えるインパクト
  大前研一 日本の論点2016〜17 
  大前研一著 11月15日発売
大前研一著  小学館 1,728円(税込) 

内容紹介


累計19万部突破の 「日本の論点」が、 今年も登場! !
「下流老人」「TPP後」「橋下徹君へ」 「イスラム国」「日立と三菱重工」ほか
ビジネスマンならこのレベルの 「論理力」を持ちなさい!

著者は、世界NO1戦略コンサルティングファームのマッキンゼーで、日本支社長、アジア太平洋地区会長などを歴任し、2005年には「Thinker50」でアジア人として唯一、トップに名を連ねている大前研一氏。
大前氏は、毎朝4時に起きて世界中のニュースを視聴するだけでなく、世界、日本の政治経済のVIPと直接、対話して常に思考と分析を繰り返している。
この本は大前氏の日々の鍛錬の集約でもある。
今年のテーマは、世界に通用する「論理力」をどのようにしてつけるか。
大前氏の思考にわずか「3時間」で近づけるだけでなく、TOIECだけでは身につかない世界レベルの「思考法」が、確実にえられる1冊。
低欲望社会
  大前語録 勝ち組ビジネスマンになるための88か条 
  大前研一著 2015年9月14日 発売
大前研一著  小学館  189ページ 1,296円(税込) 

内容紹介


読みやすい大前流ビジネス哲学名言集

「ビジネスでは真実がボスの言うことよりも上位概念である」「成績の悪い営業マンほど 売れない理由の説明がうまい」「リーダーに最も重要な役目は方向を決めること。 次にスピードだ」など、88の大前流ビジネススキルを解説とともに紹介。
マッキンゼーの日本支社長を務めた氏が、過去の200冊以上に及ぶ自著から厳選したスキル は、デジタル化とグローバル化の荒波の中を彷徨うビジネスマンにとって最強の羅針盤と なってくれます。大前哲学の集大成とも言える本書は、ビジネスマン必携のバイブルです。

【編集担当者からのおすすめ情報】
一日一条大前流。これを実践すればわずか88日で最強のビジネスマンに生まれ変われます。
たとえばレシピをひとつ紹介。「日本には大器晩成という言葉があるが、実際にはそういう 人はあまりいないと思う。私に言わせれば、それは最初にサボっているだけだ」。こんな強 い言葉にドキッとさせられる人も多いのでは。しかし、その一条は、これまでのサラリーマ ン生活から一歩抜け出したいと思う人にとって、強い勇気を与えてくれる言葉にもなってく れます。特効薬は88条。ぜひお試し下さい。
低欲望社会
  低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論 
  大前研一著 2015年4月23日 発売
大前研一著  ビジネス・ブレークスルー出版  290ページ 1,620円(税込) 

内容紹介


なぜアベノミクスでは景気が上向かないのか なぜアベノミクスでは景気が良くならないのか?日本が“借金漬け”から脱する日は来るのか? 「皆が等しく貧乏になる国」で本当にいいのか?それらの難題を読み解く鍵は「低欲望社会」にあり――。
日本では今、世界に先駆けて未曽有の危機が進行している。人口減少、超高齢化、“欲なき若者たち”の増加……。こうした事態に対し、従来の20世紀的な経済対策や金融政策は全く通用しなくなっている。それは、世界的ベストセラー経済書の著者であるピケティ教授やノーベル賞経済学者のクルーグマン教授らの理解をも超える深刻な現実なのである。 ところが、安倍首相主導のアベノミクスは、相変わらずの中央集権的なバラ撒き政策で税金を湯水のごとく使い、やみくもに公共事業を増やし設備投資や消費を煽ろうとするばかりだ。安倍首相の暴走を止めなければ、いずれ日本は奈落の底に落ちていくことになる。
今、必要なのは、“借金漬け”から脱し、人々の「心理」に働きかけることで経済を活性化させ、国全体を明るくするような“新たな国富論”である。そして、その契機となる政策はまだ残されている。都心再開発、移民政策、教育改革、道州制と国民DBの導入……。
世界的経営コンサルタントが「アベノミクス破綻」に警鐘を鳴らす、ビジネスマン必読の書。
低欲望社会
  グローバルに通用する異能を開花する 
  大前研一著 2015年2月13日 発売
大前研一著  ビジネス・ブレークスルー出版  224ページ 1,620円(税込) 

内容紹介


「アメリカにはプレップスクールという、日本語に訳すと予備校だが、中高一貫教育を行う七年コースの私立高校があり、まったく自由気ままな教育を行っている。
<中略>
先生は「あなたは絶対にできるんだ。社会に出ても成功する」といって教育している。「おまえは何やってんだ」「何を間違えているんだ」と、いかにダメか、なぜダメか、と落後者ばかりつくっている日本とは大違いで、あなたはいかに社会に貢献できるか、なぜ世界のリーダーになれるか、能力を磨けば自分を伸ばせば社会に貢献できる人間になれると、会話の九九%は子供のいい面をいかに引き出すかに終始している。
時代の求める多様な人材が次々と生まれているのも当然ではないか。(プレジデント1995年5月号)」~本文より ~ 
Googleの共同創立者(ラリー・ペイジ、サーゲイ・ブリン)、Amazon.com(ジェフ・ベゾス)、Facebook(マーク・ザッカーバーグ)、Microsoft(ビル・ゲイツ)などの「異能」の創立者を輩出しているアメリカだが、そのアメリカと日本の学校教育を比較し、日本の教育制度の欠陥と、その問題点の本質を既に約20年前に喝破していた大前研一。現在は、インターナショナルスクールの経営にも参画することで幼少期からシニアまで、自ら考え、生き抜くための三世代に渡る教育プログラムを提供するビジネス・ブレークスルー(BBT)を経営し、BBT大学学長でもある大前研一の会員制月刊情報誌「大前研一通信」特別保存版第8弾のこの書籍には、eラーニングアワード2014受賞(厚生労働大臣賞)のBBT大学や、世界の約150か国でそのプログラムが導入され、国内でもその導入を政府が推進しようとしていることで、注目を浴び始めている国際バカロレア(IB)のプログラムの概要を、国内外の専門家の寄稿も取り上げて紹介。これからの答えのない社会でもグローバルに通用する「異能」を開花させるための指針を中心に、世界に通用する能力を開眼させるために、自身が、我が子が、必要なこととは何かを提言する、「読んで」、「見て」、「身につける」、関連映像(「異能を開花する」編)を収録したDVDを付帯した書籍です!
異能を開花する
  日本の論点2015~16 
  大前研一著 2014年11月14日 発売
大前研一著  プレジデント社  320ページ 1,728円(税込) 

内容紹介


昨年度、爆発的な人気を呼んだ「日本の論点」が今年も登場する! ! 大前氏は毎朝4時に起きて世界中の新聞、TV、雑誌に書かれた情報を丹念に読み込む。その上で、表だけでなく裏に隠れた問題点に、鋭い角度かつ深い分析力で切り込むのだ。 「オリンピックバブル」「給与格差」「日産とソニー」「集団的自衛権」… 大前氏の分析は単なる時事問題の解説ではない。毎回、大前氏が渾身の力を注ぐプレジデント誌の人気連載が3時間で一挙に読める


【Contents】
■復活への秘策
オリンピックバブルに騙されてはいけない
日本の部長の給料はなぜ、世界最低レベルなのか
「アマゾン」の一人勝ちはなぜ起こるのか
どこまでも続く「ソニーの一人負け」
フランス人COO誕生へ! 武田薬品工業は成功するか
ゴーン退任こそ日産飛躍のベストシナリオ
長期衰退を止めるには移民政策しかない
スマホで五億稼ぐ「情報の取り方」
エネルギー危機を救うわが私案123
シェールガス革命で浮かぶ会社、沈む会社
シェールガスの対日輸出解禁でガス価格は下がるのか

■世界の視点
シリア戦も不可避! ?「集団的自衛権」容認の危うさ
集団的自衛権、安倍流「普通の国」とは、どんな国か
世界から尊敬されるドイツ、警戒される日本
お金をムダにしない「ドイツ連邦制」の仕組み
就職に困らないドイツの「一〇歳のハローワーク」
台湾の経済は、中国よりも圧倒的に強い
バブル崩壊前夜の中国とどう付き合うか
サムスン電子と心中か? 韓国経済の暗雲
自民党の属人的、密約ベース外交のツケ
安倍首相の靖国参拝、知られざる波紋
アメリカが警戒“失言政治家"の危ない勘違い
韓国、中国が狙う、北朝鮮の植民地化とロシアが狙う労働力
挑戦〈新たなる繁栄を切り開け! 〉
  大前研一の今日から使える英語:「自信がない」ビジネスマンにすぐに効く英語のコツ 
  大前研一著 2014年04月21日 発売
大前研一著  小学館  237ページ 1,728円(税込) 

内容紹介


「仕事に使える英語」への最短距離!
「正しい英語」はいらない。
ビジネスで使う英語には「コツ」がある。
いくら詰め込みの勉強をしても、TOEICで高得点を取っても、
失敗する人が多いのはその「コツ」を知らないからだ。

「自信がない」ビジネスマンにこそ読んで欲しい、「本当に使える英語」の本。

********

さほど親しくない相手に英語で「それはやめてくれ」と言いたい場合、どんな表現をすればいいか?
学校で習ったように和文英訳して「Stop it」なんて言ったら、たぶん相手は「お前にそんなふうに
命令される筋合いはない」と怒って喧嘩になるだろう。「Don't do it」と言っても相手は傷つく。
丁寧な言い方にしようとして「Please」を付け加えても同じことだ。

私が考える最も好ましい表現は「I wouldn't do it」。
「私があなたの立場だったら、やらないと思いますけれど……」という婉曲的なニュアンスを含んだ言い方だ。

(中略)

本書をきっかけに、1人でも多くの日本人ビジネスパーソンが「結果を出せる」英語力を身につけて
グローバル人材となり、世界を相手に活躍してくれることを期待したい。  (はじめにより)
挑戦〈新たなる繁栄を切り開け! 〉
  挑戦〈新たなる繁栄を切り開け! 〉 (大前研一通信 特別保存版 PartVII)  
  大前研一著 2013年10月25日 発売
大前研一著  ビジネス・ブレークスルー出版  211ページ 1,620円(税込) 

内容紹介

「この混乱の時代に求められるのは、アカデミック・スマートではない。 現実の中で自ら考え、 答えのない問いに自分なりの答えを見つけ出していくストリート・スマートである。」~本文より ~

盛田昭夫、本田宗一郎、松下幸之助など、世界に冠たる日本ブランドを築き上げた戦後第一世代の経営者と比べ、現在の日本のビジネスパーソンが圧倒的に劣っているのは、世界に挑戦する「気概」、「アンビション」 だと指摘する大前研一が、世界の教育トレンドから、OECD諸国の平均より著しく低い日本での社会人への 再教育の必然性や、道州制、文科省への提言、グローバル人材の育成法などを語り、自ら学長に就任したビジネス・ブレークスルー大学、大学院などで学ぶ学生や卒業生の「ストリート・スマート」像に挑戦する道程や声も紹介。

更に、 <原発・再生エネルギー問題> 、 <世界の教育トレンド> 、 <日本で政権交代がうまくいかない本当の理由> 等、様々な事象を大局的に俯瞰し、提言をする大前研一の発信に加え、そこから学び取っていく学生達の問題解決思考の一端もご紹介しています。

激変する時代を生き抜けるスキルアップを望む全ての人へ贈る、アンビションを刺激する「読んで」、「見て」、「身につける」、約100分間の映像(DVD)付書籍です!
挑戦〈新たなる繁栄を切り開け! 〉
  稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方  
  大前研一著 2013年9月5日 発売
大前研一著  ビジネス・ブレークスルー出版  224ページ 1,512円(税込) 

内容紹介


あなたは自分に"値札"をつけられますか?

「上司や先輩の真似をしていても業績は上がらない。 彼らとは違う能力とスキルが必要なのだ。いかに“自立"して稼げるか? それが今、問われている」

就活生も新入社員も中高年社員も必読! 世界的経営コンサルタントによる最新&世代別「サバイバル仕事術」--。

パナソニックやソニー、シャープといった日本を代表する大企業までが赤字転落、次々と大規模なリストラを余儀なくされています。
成果主義や裁量労働が広がり、グローバル化やIT・ロボット化が進む今、従来までの仕事では利益が出なくなり、「仕事がなくなる」時代へと移り変わりつつあります。 そんな中で、ビジネスマン一人一人の“稼ぐ力"がシビアに問われています。

日本企業は今、何に苦しんでいるのか? 現在の低迷から脱却するために必要な人材とは何か? そして、ビジネスマンが今こそ身につけるべき能力やスキル、仕事観とは……。

著者の大前研一氏が、マッキンゼー時代から今に至るまで指導してきた人材育成の要諦や採用基準、仕事力の鍛え方などを織り交ぜながら、厳しい雇用劇変時代を生き抜くための考え方と働き方を指南します。
挑戦〈新たなる繁栄を切り開け! 〉
  進化する教育
  あなたの脳力は進化(深化)する!   

  大前研一著 11/16 発売
大前研一著  ビジネス・ブレークスルー出版  224ページ 1,620円(税込)

内容紹介

あなたの脳力は進化(深化)する!

かねてから20世紀の工業化社会で通用した教育から、制度そのものを21世紀型の教育に 変革する必要性を訴えてきた大前研一は、自らが学長に就任し設立した100%オンラインのみで 経営学士を取得できる、日本唯一の大学:ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学や、 本邦初の遠隔教育法によるMBAプログラムを開講したBBT大学大学院、また海外MBAの取得も可能な BOND-BBT MBA(ボンド大学大学院)をはじめとし、「世界に通用する人材」の育成に今まで取り組んできました。

今回は、そのBBT大学、及び大学院(BBT、BOND)の概要と、更に大前研一が開発、改良、進化を遂げた 最先端のサイバーディスカッションツール:エアキャンパス(AC)上で 、実際に大前研一の発信(教育、政治、原発・エネルギー、ビジネス関連問題)から、世代や業界、 そして国境をも超えて学ぶ多様な学生の皆さんの声なども掲載し、互いに脳力を深化させる学びのスタイルや、 その一端をご紹介。 更にBBT大学入学時に実際の受講前に受ける大前研一のオリエーテーション(一部)も<特典掲載>し、あなた自身の脳力をも刺激します!

書籍を「読んで」、DVDを「見て」頂ければ、あなたの脳力を深化させ得るBBT教育プログラムのエッセンスも感じ取って頂くことが出来るでしょう。

生き残るために「進化せよ!」
進化する教育
  大前研一通信特別保存版PartⅤ  
   警告 ―目覚めよ! 日本  

  大前研一著 発売中

大前研一著  ビジネス・ブレークスルー出版  180ページ 1,620円(税込)

内容紹介
危機迫る世界経済。目覚めよ! 日本
新生日本に向けての5つの警告

これまで世界、日本に対し、数多くのメディアで様々な「警告」を発信し続けてきた大前研一。
月刊情報誌「大前研一通信」の記事の中から、
【世界経済】、【日本社会】【ビジネス・経営】、【震災復興】、【教育・生活者】の5編、
計:30からなるメッセージを厳選掲載!
大前研一が独自の視点で世界、日本の抱える難題に対する分析、処方箋も解説しています。
「警告」の先にある世界、日本の諸問題、
また我々がこれから直面するかもしれない新たな問題にどう対峙して解決していくべきか――

受信せよ!
新生すべき日本、生活者に向けてのメッセージ!

「読んで」、「見て」、「身につける!」 大前研一通信特別保存版第五弾。

◎秘蔵映像―警告編―、約2時間の厳選収録DVD付。

警告 ―目覚めよ! 日本
  大前研一通信特別保存版PartⅣ  
  慧眼 ―問題を解決する思考―
  
  大前研一 著 発売中

大前研一 著 ビジネス・ブレークスルー出版 192ページ 1,620円(税込)

内容紹介
貴方にも隠れた真実が見えてくる!


大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー(BBT)大学、および大学院などで使われている思考トレーニングでもある大前流教育メソッド:RTOCS(リアルタイムオンラインケーススタディ)の事例の他、財政破綻、国債暴落、年金問題など、日本の抱える難題に対する大前流の分析、処方箋を解説。
イオン、トヨタ、菅政権、道州制、観光客を3千万人にする秘策など、「5つの実践突破発想法」を伝授!

問題を発見し解決する思考とは!?
「読んで」、「見て」、「身につける!」大前研一通信特別保存版第四弾。

◆秘蔵映像―慧眼編―他、約2時間の厳選収録DVD付!

大前研一通信特別保存版PartⅣ 慧眼 ―問題を解決する思考―
  大前研一通信特別保存版PartⅢ
   パスファインダー <道なき道を切り拓く先駆者たれ!!>  
   大前研一著 発売中

大前研一著  ビジネス・ブレークスルー出版  160ページ 1,620円(税込)
内容紹介
「読んで」「見て」「身につける!」

過去に大前研一が寄稿した「学び」に関する内容を凝縮した
珠玉のメッセージ集。
答えの見えない時代に、どのように答えを見つけ、 生きていくのか。
21世紀を突き抜けたい貴方に送る未来派学問のススメ。
大前研一の秘蔵映像<教育編>を収録したDVD付きです!

パスファインダー <道なき道を切り拓く先駆者たれ!!>
 知的武装 金言集Part.Ⅱ 
 大前研一著 発売中

大前研一著 ビジネス・ブレークスルー出版 192ページ 1,080円(税込)

内容紹介
大前研一通信 特別保存版

「知的武装の3種の神器を手に入れろ!」

いまから始めれば、あたなは変われる。
大前研一から、全てのビジネスパーソンに贈る珠玉のメッセージ!

過去に大前研一が寄稿した、社会を生き抜くために必要な「知的武装」に関する内容をギュッと凝縮した保存版。
ビジネスパーソン必携の一冊!


  大前研一通信マンスリーレポート(無料)配信登録受付  

大前研一通信のインデックスや、大前研一関連の情報をメールマガジンでお届けします。

電子町内会での「お知らせ」などの情報をメールマガジン形式でお送りします。
基本的には月2回の配信となります。どうぞご登録ください。



インターネットの本屋さん「まぐまぐ」に登録される方はこちらへ
※ご登録頂いたメールアドレスはメルマガ配信のみに使用します。

メルマガ登録・解除 ID: 0000065146
大前研一通信マンスリーレポート
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



メルマに登録される方はこちらへ
※ご登録頂いたメールアドレスはメルマガ配信のみに使用します。

メルマガ登録・解除
大前研一通信マンスリーレポート
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
 
大前研一からビジネス情報を発信

大前通信からの
お知らせを
毎月お届け!
 
 


(C)2016 大前研一通信事務局 ※コンテンツの無断使用はご遠慮下さい(リンクは大歓迎です)
※大前研一通信を運営する(株)ビジネス・ブレークスルー社のプライバシーポリシーはこちら